子持ち甘エビを「美味しく」食べるコツ

子持ち甘エビの美味しい食べ方

北陸の高級食材、子持ち甘エビは絶品!

北陸の子持ち甘エビは卵がいっぱい!
北陸では、甘エビ一尾まるごと刺身や寿司となって店頭に並びます。甘くてぷりっとした食感を楽しむために生で食べられることが多く、頭をそのまま唐揚げや味噌汁の具にしたり、玉ねぎやクリームとともに煮詰めて洋風エビソース等にしても味わうことができます。

姫丸では、高級料亭にしか出回らない”超”特大のそれもエメラルド色の卵を持つ高級子持ち甘エビを全国へお届けしています。甘エビは一年中獲れますが、7月・8月、底曳船は超特大子持ち甘エビを日本海のど真ん中「大和堆(やまとたい)」へ獲りに行きます。夏場の甘エビは全国的にも珍しく、是非お中元や贈り物にお役立てください。

エメラルド卵を持つ”超”特大 子持ち甘エビ
”超”特大 子持ち甘エビ
姫丸の丸ごと昆布〆”超”特大子持ち甘エビ
丸ごと昆布〆”超”特大 子持ち甘エビ

子持ち甘エビの美味しい食べ方

プリプリ食感!やっぱり刺身が一番

鮮度が命!甘くてプリプリの身にエメラルド色の卵を絡ませて…やみつきになります!

1子持ち甘エビを水洗い1、子持ち甘エビをボウルに入れて、泥や汚れを水洗いします。
2水洗いした子持ち甘エビを水切り2、水洗いした子持ち甘エビをザルにあけて水切りします。
3卵をスプーンですくい取ります3、お腹にあるエメラルド色の卵をスプーンですくい取ります。
4エメラルド卵を取っておきます4、すくい取った卵を、皿などにまとめておきます。
5子持ち甘エビの頭と身を剥がします5、頭と尾・身の部分を手で外します。滑りやすいのでゆっくりと外してください。
6外した頭の殻は取っておきます6、5で外した頭部分は、別皿などに取っておきます。(下記のレシピに使います)
7身の皮を剥がします7、尾・身にある皮をやさしく剥がします。皮は柔らかいので簡単に剥がせます。尾を残すのが難しい場合は、身だけにして下さい。(8の説明文参考)
8身を盛りつけます8、皮を剥がした身を皿などに盛りつけます。尾は外さない方が盛り付けは綺麗ですよ。甘エビ丼には尾を外してご飯の上に!
9醤油をつけてお召し上がりください9、4の卵を絡ませて、醤油をつけてお召し上がりください。薬味にわさびや唐辛子、七味、青しそ葉など、お好みでどうぞ。

お酒のつまみにもおすすめ!

頭部分も、なんと、やめられない止まらない美味しい一品に。

1頭部分はソテーや素揚げ、唐揚げに1、熱したフライパンにオリーブオイルやバターを敷いて、素焼きします。(素揚げや唐揚げにしてもOK)
※注意1 初めて召し上がる方は、鼻先が固いので、鼻先部分を調理バサミ等でカットすることをおすすめします。鋭い鼻先部分で口の中が傷だらけになります。
2ガーリックや黒胡椒などお好みで2、そのままカリカリになるまで炒めます。お好みでガーリックや塩コショウで軽く味付け。仕上げに香草ハーブもgood!
カリカリ食感がやみつきに3、皿に盛りつけ、天然塩やマヨネーズ等をつけておかずやお酒のつまみに召し上がれ!
※注意2 ワイン・焼酎・ビールがどんどん進みます。

他にもいろいろな味わい方があります

子持ち甘エビは生で刺身・お寿司・甘エビ丼・海鮮丼などに、丸ごと殻つきでフライパンやグリルで焼きエビ、煮つけや味噌汁・洋風スープ・カレーなどにお使いいただけます。刺身にする際に外した頭部分は素焼きの他、素揚げや唐揚げでカリカリ食感の美味しいおかずやお酒のおつまみに。

”超”特大 子持ち甘エビの皿盛りエメラルド色の卵もご一緒にどうぞ
”超”特大 子持ち甘エビでお寿司もお寿司にも
”超”特大 子持ち甘エビで味噌汁に頭の濃厚な味噌も味わえます

よく見られているコラム